意匠権とはなにか

意匠とは、デザインの事を指します。
そして、意匠権は物品として成立している工業製品のデザインを保護する権利です。

例えば、消費者が購買する時、同じ機能を有していている商品がいくつかあり、どれを購入するかを迷う時があります。最終的に購入するものを決めるには、価格と機能の他にデザインも重要なポイントとなります。このことより、デザインは商品の経済的価値、需要の増大に大きく影響しているということが言えます。

このようなデザインのことを意匠と言い、これを他の生産者に模倣されないように作成者に与えられる権利が意匠権です。したがって、意匠権は洋服や家電製品、自動車などの大量生産される工業製品のデザインを保護する権利といえます。

意匠権が認められている背景には、工業製品の開発の促進があります。工業製品のデザインは、人が物を購入する時の大きな決定要因となります。だからこそデザイナーが労力を費やして制作します。素晴らしいデザインが出来上がっても安易に模倣されてしまうと、不当競争により商品の経済的価値をマイナスにしてしまうと同時に、デザイナーの創作に対しての姿勢も消極的になってしまいます。結果として、工業製品の開発にも悪影響が出てしまいます。

意匠権はそういった事態を起こさないために、デザインを保護し強い権利を与えているのです。


意匠権とはどのようなものか

意匠権は大量生産される工業製品の外観、美的デザインを保護するものです。

前提として以下のポイントがあります。

視覚を通じて美観をおこさせるもの

匂い、香り、手触りは視覚を通じて認識されるものではないので意匠権として認められません。

登録前に知られていない新規のもの

登録前に意匠に登録されているものは認められません。また、公知の意匠を寄せ集めたり、構成を変えたりするだけのものも認められません。

装飾美だけでなく、機能美も含まれる

デザインは装飾的なものだけでなく、工業製品の機能から表れるシンプルなデザインもあります。意匠と言う点では、双方とも購入の理由となっており、商品の経済的価値に影響を与えたと認識できますので、「工業製品の需要の増大」という法目的に合致していると言えます。従って、装飾されたものは装飾美、シンプルなものは機能美として意匠権として保護される対象となります。


また、意匠権は「大量生産される工業製品の美的デザイン」ということを踏まえると、以下のような物は意匠として認められません。
・デザインの構想段階(アイデア)のもの
・無形(形のない)もの
・不動産
・自然物そのもの
・形の定まらないもの(気体・液体など)
・芸術の分野に属するもの(絵画や彫刻)

その他の意匠に関する基礎知識はこちら!

ishoukenntoha.png   ishoutoha.png
shutugannnonagare.png   shutugannonagare.png


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.