意匠出願の流れ

全体の流れを知っておくことが大切

工業デザインという商品の経済的価値を大きく左右するものを保護することを目的とした意匠権は、独占排他的な権利です。取得することで自社・競合他社にとても大きな影響を与えます。

そのため、厳格に審査する必要があり、所定の時間と費用がかかります。取得までの流れが複雑なため、取得までの全体像を踏まえ、対応していくことが必要です。

 

意匠権取得までの流れ

1.出願前の調査

意匠権は、特許と同じように先願でなければなりません。つまり、今までに同じような意匠権を他者が取得している場合、認められません。以下の条件を照らし合わせ、自身の申請する意匠が認められるか否か、を事前に調査により調べることが有効です。

(1)出願前にすでに国内又は外国で公知になっている意匠と同一又は類似の意匠

(2)出願前に国内又は外国で頒布された刊行物に記載された意匠と同一又は類似の場合

(3)業界(出願された意匠)の知識を有するものが、公知の形状や模様、色彩などを用いて容易に創作できる場合。即ち、意匠の寄せ集めや単に構成を変更させたものである場合

(4)先に出願された意匠登録がある場合


上記の条件に当てはまる場合、意匠としての登録は認められませんので出願後に拒絶され取得ができません。出願前に調査により調べておく必要があります。

 

意匠専門相談センターでできること

意匠専門相談センターでは、お客様が希望される「デザイン」が「意匠」として認められるかの調査を行います。もし、登録されない可能性があることが判明した場合には、書面でその旨を理由と共にご連絡し、可能な限り登録が認められるように検討をさせていただきます。

 

2.出願

上記の要件に満たさず、登録が認められないと判断したものは、所定の書類にまとめ願書と共に出願します。出願すると出願番号を与えられます。

■意匠専門相談センターでできること

出願に関する書類の作成についてお客様からの情報に基づき、当センター側で行います。


3.方式審査

特許庁では、まず、方式審査が行われ、出願書類に不備や出願手続きに不備があるかどうかを審査されます。不備があった際は、方式補正指令が出されます。指令に基づき期限以内に補正をして提出することで、方式審査を通過できます。

■意匠専門相談センターでできること

尚、意匠専門相談センターでは方式審査において方式指令通知が出ないように事前に充分な準備を行います。


4.実体審査

方式審査通過後、上記の意匠登録の要件を満たすかどうかについて、実体的な審査が行われます。

実体審査では、特許庁の意匠審査官が出願された意匠について上記の各要件に関する厳正な審査をします。


(1)出願前にすでに国内又は外国で公知になっている意匠と同一又は類似の意匠

(2)出願前に国内又は外国で頒布された刊行物に記載された意匠と同一又は類似の場合

(3)業界(出願された意匠)の知識を有するものが、公知の形状や模様、色彩などを用いて容易に創作できる場合。即ち、意匠の寄せ集めや単に構成を変更させたものである場合

(4)先に出願された意匠登録がある場合


上記の要件を審査され、いずれかに該当する場合には拒絶理由が通知されます。拒絶通知に応じて、意見書や補正書を提出し拒絶理由を解消する必要があります。拒絶理由を解消できなかった場合には拒絶査定に至り、意匠権の取得ができなくなってしまいます。拒絶理由を解消できた場合、拒絶理由が存在しなかった場合には登録査定に至り、所定の費用を支払うことにより意匠登録されて意匠権が発生します。


■意匠専門相談センターでできること

意匠専門相談センターでは登録査定までをスムーズに進むようサポートします。

事前の調査を十分に行っていても、拒絶理由が提示される場合もあります。例えば、審査官が業界の事情を熟知しておらず、書類上のみで審査を行っている場合です。

なお、拒絶理由の内容には専門的な用語が多く含まれており、一般の方では理解しにくい部分や対応方法を悩む場面が多々あります。そういった部分を我々ではサポートさせていただきます。


5.登録

出願された意匠に拒絶理由がなく登録査定が出された後に、初めて意匠権を取得する手続きを行います。登録料を支払い、登録して初めて意匠権として認められます。

■意匠専門相談センターでできること

意匠専門相談センターでは登録査定後、登録までをサポートさせていただきます。


6.拒絶理由通知を解消できないと

拒絶通知が解消できなく、審査に不服がある場合、拒絶査定不服審判を請求し、登録すべき旨の審決を求めることができます。


■意匠専門相談センターでできること

意匠専門相談センターでは、拒絶査定不服審判のサポートをさせていただきます。

この拒絶査定不服審判、多くの方はこの段階にくると権利化を諦めてしまいます。しかし、実はこの段階が一番のポイントです。今まで書面でのやり取りしかできなかったことが、対面で説明ができるチャンスとも言えるためです。ここまで拒絶され続け、審判になってすんなりと認められるケースも多々あります。我々では、意匠取得のために最後までフォローいたします。


その他の意匠に関する基礎知識はこちら!

ishoukenntoha.png   ishoutoha.png
shutugannnonagare.png   shutugannonagare.png


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.