既に出願された意匠ではないですか?

 独自に創造した意匠であっても、すでに他の人よって世の中に存在していることや、公開されたものであっては、意匠の保護の対象になりません。なぜならば、意匠には創作性が必要であり、すでに多くの人に知られている場合は保護をする価値がないためです。

 以下は、物品と形態を縦軸と横軸に表し、意匠として「同一のもの」としてみるか、「類似のもの」としてみるか、「類似しないもの」としてみるかの判断をまとめたものです。

物品、形態の類似性による意匠上の判断

「物品性」は以下のように判断されます。

・同一のもの : 用途と機能が同一の物品
・類似のもの : 用途が同一で機能が異なる物品
・非類似のもの : 用途も機能も異なる物品

「形態性」は以下のように判断されます。

・同一のもの : 形状、色彩、模様、これらの結合が全て同一の形態
・類似のもの : 形態のポイントとする部分(主要部)が同じで、他の部分が異なる形態
・非類似のもの : まったく異なる形態

すでに出願されているものは、意匠としては認められない?

意匠は独占排他的な権利です。したがって、他の人が意匠登録しているものについては、意匠の出願は認められません。

また、出願され意匠登録されているものの一部や、類似であるものも登録を受けることができません。


 


 

意匠の認定基準


既に出願された.png kono.png 工業的に量産できますか??.png

公益上適切な意匠ですか?.png
 創造容易ではない意匠ですか??.png

 


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.