創造が容易なものは認められない?

新規性のあるものであっても、創造が容易なものは意匠として認められません。

なぜならば、意匠権は独占排他権を有する強力な権利であるため、創造が容易であるものが意匠登録されてしまうと、逆に社会全体の利益が損なわれてしまうためです。

一般的に、以下のようなものに該当する場合は、創造性が容易であるがゆえに、意匠として認められません。

①寄せ集めの意匠:複数の公知の意匠をありふれた手法で寄せ集めたにすぎないもの

②置換の意匠:公知の意匠の構成要素の一部をありふれた手法で他意匠に置き換えたもの
 
③配置の変更による意匠:公知の意匠の構成要素の配置をありふれた手法で変更したにすぎないもの

④公知のデザインをほとんどそのまま表したにすぎない意匠

⑤自然物、公知の著作物及び建造物の全部又は一部の形状、
   模様等をほとんどそのまま表したに
すぎない意匠

⑥非類似の物品の間に当業者にとって転用の商慣行がある場合において、転用された意匠


 

意匠の認定基準


既に出願された.png kono.png 工業的に量産できますか??.png

公益上適切な意匠ですか?.png
 創造容易ではない意匠ですか??.png

 


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.