部分意匠「ある製品の一部分だけが特徴的」

意匠とは物品の形態であることから、発生する意匠権は製品の全体のデザインに認められることが原則となります。しかし、この原則を貫いていると不具合が生じるケースがあります。

 

具体的には、一部分は特徴的であるが全体を見てみると決して特徴的であるといえない場合がそれに当たります。また、逆に特徴的な一部分だけを模倣されたとしても意匠がそれに認められていない場合は意匠の侵害と認められないということになってしまいます。

 

しかし、実際の製品に目を向けてみると「この一部分が特徴的だから良いと思った」や「この一部分をみてあるブランドだとわかった」等という事は良くあることです。そこで認められるようになったのが、部分意匠です。部分意匠は製品のデザインの一部分のみを意匠として認めるものです。

 

部分意匠が認められることで、出願できる意匠に自由度が与えられました。同時に出願時における審査の難易度も上がりました。特に、権利を取得する場合に、物品全体としてはありふれているが部分的に新規、独創的なデザインである、という場合に部分意匠で権利化することが可能です。

 

 

また、権利侵害を防ぐ観点からも、部分意匠であればピンポイントで権利化することができます。意匠権の場合には、どうしても類似の幅、即ち権利幅が狭く解釈されがちですが、部分意匠を使えば、ピンポイントで権利を保持できるため、侵害防止には非常に有効です。



その他の様々な意匠に関する記事はこちら!

shikibutunoishou.png bubunishou.png kannrennishou.png
himituishou.png doutekiishou.png ishou2.png


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.