動的意匠

一般に動く機能を備えた物品は外観が機能に基づき変化するものが多々あります。例えばおもちゃのロボットなどはイメージのしやすいものではないでしょうか。

 

意匠は物品の形態であることから考えると、外観が変化する場合には、複数の形態が成立することになります。したがって、ある製品の意匠を完全に保護しとうとすると多数の意匠を同時に出願する必要が出てきます。そこで用いられるのが、動的意匠です。動的意匠では一つの出願で、一つの製品の様々な形態を意匠として認めるというものです。

 

動的意匠を出願するためには、出願書類にその旨を明記すると同時に、その製品の形状の変化を正しく図面にして提出しなくてはなりません。提出に紛らわしさがありますが、変化する形状を全て意匠で保護するよりも合理的で容易な手法といえます。


その他の様々な意匠に関する記事はこちら!

shikibutunoishou.png bubunishou.png kannrennishou.png
himituishou.png doutekiishou.png ishou2.png


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.