• HOME
  • 意匠権の行使

意匠が侵害されたら

自身が申請した意匠と似たものが他の生産者によって製造されていた場合、それは意匠権の侵害の可能性があります。

意匠権は、デザインに経済的価値があるものとし、排他的な権利を与えることを目的として考えられている権利であり、意匠権を得ているデザインが模倣されるということは、その排他的権益を奪うことであるともいえます。

しかしながら、意匠権の侵害を理由に相手に対してアクションを取ることはリスクも大きく、万全の体制と専門家の力が必要であるといえます。

先ずは、意匠権の侵害がどのようなものなのかについてみていきましょう。

その他の意匠権の行使に関する記事はこちら!

choukusetushinngai.png sonotanoishou.png


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.