具体的なメリット

意匠権の取得には、費用と時間が必要です。意匠権を取得することにどのようなメリットがあるでしょう?

 

排他的な権利であるということ

意匠権は独占排他権です。独占排他権とは、意匠権の実施ができるのは権利者のみで、他の人は実施ができないということです。即ち、あるデザインを有した製品を独占的に製造販売ができるということです。

 

具体例として著作権と比較してみます。著作権はデザインの他に文章など様々なものが保護対象となりますが、一方で独自に創造したものを保護するものです。したがって、似たものが他の人が製造販売場合、それが独自に創造したものであれば、著作権として認められるということです。結果として、独自に創造したものであれば、それは権利侵害に当たらないという見解にたどり着きます。

 

一方、意匠権の場合、独占排他権を有しているため、同じものは二つとして存在しないようにすること、同じものが他の人が製造販売した場合に差止めなどの請求を通じ、自身の意匠を保護することができます。

 

これはビジネスを行なう上では大きなメリットとなります。一つの製品を生み出すまでに多大な時間と労力を投資し、その分の費用を上乗せし販売せざるを得ない状況において、模倣品という真似ることによって開発の費用を抑え安価で販売可能な製品が販売されることは、脅威以外の何者でもありません。この脅威に立ち向かうことができるものが意匠権といえるでしょう。


特許では対応できない場合、意匠によって保護できる

 

①発明自体が優れていない場合

独占排他権を有すものに特許があります。本来ならば、デザインや形態も自社で独占権を得たい場合、特許をとるべきといえます。しかし、特許の規定は、物の形態ではなく、具現化された思想(いわゆる発明)とされています。したがって、意匠が優れていたとしても、そのもの自体が大変優れているものでない限り、特許としては認められないのです。そのような場合に、形態だけでも保護をしたい場合に意匠権は大変有効な権利となります。


②製品として販売し、世の中に認知されてしまった場合

特許権の場合、もう一つネックになる事態が、特許と閉め認められるかを判断する際の判断項目の一つである“新規性(非公知)”にあります。新規性とは、出願前にその発明と同じ技術が世の中に知られていないかということを指します。たとえ優れている発明であっても、世の中で認知された時点で、特許としては認められないということです。

 

一方、意匠権は販売後6ヶ月以内の出願ならば権利が認められます。様々な種類の商品を製造販売して、ある商品がヒットした場合(しかも、それほどヒットすると考えておらず、権利面で整備をしていなかった場合)、特許という観点ではそれを模倣されたとしても、何もできないのです。しかし、意匠では「ヒットした、まだまだ需要がある」と判断した時点(6ヶ月以内が前提となります)で、申請をすれば、デザインという点だけは独占排他権を得ることができます。

 

意匠の有効活用はビジネスを成功させる上でポイントとなるでしょう。そのためには、知識として意匠権を理解しておく必要があります。意匠取得の時に限らず、特許の専門家とのコンタクトは重要といえるでしょう。



その他の意匠取得のメリットに関する記事はこちら!

下記それぞれのボタンを押して頂くと詳細ページへと進むことが出来ます

 

ishounomeritto.png ishoukirokunohirtuyousei.png
※上記リンク先のページでは意匠取得の
具体的なメリットについて説明したページです。


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.