意匠登録の必要性

デザイン・形態について意匠登録をする必要性はどの程度あるでしょうか?2つのケースについて考えて見ます。


自社では意匠を取得していなく、他人が意匠を取得している場合

このような場合、自社ではこの形態を使用することはできません。なぜならば、意匠権は独占排他権を有しているためです。仮に、独自に創造した形態であっても、その形態が意匠と録されているもので、相手からの権利行使の主張があった場合、それを拒否することはできません。

 

形態として優れているものについては、登録意匠、特許申請されているものを確認し、製造をすべきです。仮に、相手側からの申し出で差止めや損害賠償を請求された場合、大損害へと繋がってしまいます。

 
但し、他人が意匠登録出願中に、そのデザインに関する製品の製造を始めていたり、販売のための準備をしている場合は、例外としてその形態を使用することができます。


同じような形態の製品は発売されているものの、意匠登録をされていない場合

このような場合は、問題なく製品の製造販売、業の実施が可能です。但し、自社が先行して事業を行なっており、他社が後から同じようなデザイン・形態の製品を製造販売したとしても、差止め等の対応をとることはできません。(※不正競争防止法に該当する場合は除く)


これらの例を踏まえてみると、デザイン・形態を守ること、自社の事業を安全に進めていく上で、意匠権の取得は必要性が高いといえます。


その他の意匠取得のメリットに関する記事はこちら!

下記それぞれのボタンを押して頂くと詳細ページへと進むことが出来ます

 

ishounomeritto.png ishoukirokunohirtuyousei.png
※上記リンク先のページでは意匠取得の
具体的なメリットについて説明したページです。


ご相談・お問い合わせはこちら 03-5830-7210
Copyright (C) 至誠国際特許事務所 All Rights Reserved.